空知神社(美唄市)

美唄市の中心に鎮座する神社です。 空知神社と氏子会の行事や活動を氏子会から報告します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

御社殿改修 Report-2

既存の天井が剥がさてて屋根裏がスッキリと現れました。
天井裏には断熱も無く、横の壁は隙間があり外の光が眩しく差し込んでいました。
2016 3 3天井改修a 2016 3 3天井改修b
新しい天井は約51cm角の桝目で、拝殿が135舛、幣殿が45cmで98舛の天井になります。
2016 3 3天井改修c 2016 3 3天井改修d 2016 3 3天井改修e 2016 3 3天井改修f 2016 3 3天井改修g
2016 3 3天井改修h
拝殿は今まで天井が無かったのですが、綺麗に天井が張られて断熱もしっかり施工されました。
宮司はこれからの参拝は柏手が響いて厳かな御社殿になると喜んでいました。
2016 3 5床改修a 2016 3 5床改修b
幣殿の床工事も断熱を施し、木の床になる(今までは寒さ対策でカーペット敷き)ので厳かな雰囲気になります。
2016 3 5幣殿改修a 2016 3 5幣殿改修c 2016 3 5幣殿改修b



| 御創始120周年記念祭 | 14:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

御社殿の改修が始まりました

御創祀120周年記念事業の第二弾として御社殿の改修が始まりました。
従来の御社殿は築90年以上で天井も汚れが酷く、また壁も板一枚でのみで囲われているため冬の寒さはとても厳しく、ご祈祷の折にも参拝者にとってはとても寒い中での辛いお祓いの時間でした。
更に照明も暗くて改修の必要に迫られていますた。
2016 3御社殿改修 (1) 写真は改装前の御社殿内です。

今回の改修は赤枠で示された部分の天井、壁、床が対象で、断熱も施工し照明も改善します。
2016 3御社殿改修 (2)

工事に先立ち、ご社殿内の幕や、簾、飾り物などを氏子会役員の皆さんに協力して頂き撤去しました。
2016 3御社殿改修 (3) 2016 3御社殿改修 (5) 2016 3御社殿改修 (4) 2016 3御社殿改修 (7) 2016 3御社殿改修 (6) 2016 3御社殿改修 (8)
幕や簾などを取り除くと大変にすっきりとした御社殿になりましたが、壁は板1枚ということで板の隙間から外の明かりが透けて見えます。
更に、簾に隠れていた過去の奉納品の板書きが現れ、美唄を築いてこられた名士の方々のお名前も見ることができました。
2016 3御社殿改修 (10) 2016 3御社殿改修 (11)
これらの奉納記銘版は神社の歴史を語るものなので、しかるべくまとめて飾りたいと思います。





| 御創始120周年記念祭 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

御創祀120周年奉納行事の動画です

昨年の10月5日に空知神社御創祀120周年記念式典で、札幌在住のジャズシンガーの黒岩静枝さんと、美唄在住の花柳流三代目花柳鳴介師匠が神社御神殿前の特設ステージで奉納頂いた歌と舞のコラボレーション動画です。
 曲目は竹内まりあ作詞作曲の【人生の扉】です。 

| 御創始120周年記念祭 | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

授与所を改築したBefore Aftərです

御創祀120周年記念事業で、一番力が入ったのが授与所の改築です。
北海道の冬は雪が多く寒さも厳しいので、参拝者が辛い思いをしないで授与品を授けられるようにと日本で初めて?(多分)室内を巡回するような間取りにしました。
次の写真は改築前と改築後の外観写真です。
授与所改築1 授与所改築2 授与所改築3 授与所改築4

授与所の内部は宮司が何時でも参拝者が来られるのを見守れるように、境内に向かって窓を多く取りました。
更に、通路は車椅子も通れる広さを確保し、休憩できる椅子も用意しました。
授与所改築5 授与所改築6 授与所改築7 授与所改築8

秩父別から年に何度も来社されているお嬢さんに、コーヒーのオモテナシで休憩して頂きました。
とても喜ばれて【神社でコーヒを飲めるなんて!】と感激されていました。
参拝者image

| 御創始120周年記念祭 | 17:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国旗掲揚塔を移設しました

第三鳥居の北側に在った国旗掲揚塔を移設しました。
その理由は、新設した参道登り口の車椅子用スロープの縁石が国旗掲揚塔の基礎と重なっていて、多分地震の時に鉄塔が揺れて基礎が動いたために縁石に日々が入ったのではないかと推測された為です。
更に、行事や催事、そして記念日、祝日に国旗の掲揚をする日本の習慣を市民に広めるために市民の目につく所へ移動するという目的もありました。
国旗掲揚塔移設1 国旗掲揚塔移設2 国旗掲揚塔移設3 国旗掲揚塔移設4 国旗掲揚塔移設5 国旗掲揚塔移設6

設置が完了し国旗を掲揚した風景です。
国旗掲揚塔移設7

国旗掲揚塔移設のBefore Aftərの写真です。
御神殿もスッキリと風景に馴染んだように思えます。
国旗掲揚塔移設8 国旗掲揚塔移設9

| 御創始120周年記念祭 | 12:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT