空知神社(美唄市)

美唄市の中心に鎮座する神社です。 空知神社と氏子会の行事や活動を氏子会から報告します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

11月23日 新嘗祭

新嘗祭とは
 記述によれば日本書記の皇極天皇元年(642年)11月16日に新嘗祭の記述があります。
 しかし、それ以前から新嘗祭は毎年行なわれていたものと思われ、天皇がその年に収穫された新穀や新酒を天照大神をはじめとする八百万の神に供え農作物の収穫に感謝し、自らも食す神事が脈々と途切れることなく継承されてきた儀式でしす。
 そして、明治以降新嘗祭は11月23日に定められ国民の祝日とされました。
 それ以前は11月の2番目の卯の日に新嘗祭を行うことになっており、天皇が即位した最初の新嘗祭を大嘗祭と呼び天皇の即位を天下に知らしめる大きな祭典となっています。
 さらに、昭和23年より勤労感謝の日と名を変え「勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」日として国民にすっかり定着した祝日となっています。
 本来、この新嘗祭は宮中だけで行われていた儀式ではなく一般民衆の間でも新しい穀物を神に供えそれを食べて収穫を祝う習慣がありました。
 「風土記」や「万葉集」にもその様子が描かれており現在も年迎え的な行事として日本各地に「あえのこ」「十日夜」という行事が行なわれています。


 空知神社でも昨年に続き市内の農業団体や美唄美輿會・天理教雅空会・美唄赤十字奉仕団などの協力を得て23日11時から新嘗祭を開催します。
 また、美唄赤十字奉仕団のご協力により『おにぎり・鍋物』の振舞いもあります。
どなた様も参列ができますので、お心のある方はお参り下さい。

| 新嘗祭 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soratijinjya156.blog14.fc2.com/tb.php/139-68933b74

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT